sakuyachangの備忘録

塾なしで公立上位校どこまで行けるか!!な日々を綴ってます

上の子の成長にウルッときた瞬間あったのに

最近、色々ありますが・・・

ありますね_(:3 」∠)_

 

 

 

 

色々あるのは勉強への姿勢だけなんです💦

ただ、それだけなら

なんでこんなに悩むのか・・

落ち込むのか・・

 

 

 

 

 

逆に(?)勉強への姿勢「だけ」だから

悩むんです!

こんなに良い子なのに

その子の大事な芽を摘んでしまった

大事な所を大きくしてあげれなかった

って・・・・

 

 

 

 

 

コロナ休校中の事ですが

バトルった日の夜

お風呂に入ってる上の子に

(湯船につかってた)

ちょっといい?とドア開けて!話しかけて

(嫌がらない時点で、ある意味凄いと思う。上の子が)

「今日は・・いや今日もか

感情的になり過ぎて、ごめん」

と謝った事があります

(私が!上の子に!です。一応)

 

 

 

 

 

もちろん、怒った内容はわかって欲しい

でも、わかって欲しいなら私の怒り方は間違ってたと思うから、怒り方が悪かった事は謝る!と。

 

 

 

 

 

 

いつもの事だから良いよ

わかってるし

 

 

 

 

 

 

と、笑ってくれたので

続けて

 

 

 

 

 

感謝もしてるんだ

感情的に怒ってしまっても

こうやって話をしてくれるし

普通なら口もきかないようになりがちな思春期に話しもしてくれるし・・・

ありがとうね

 

 

 

 

 

と、伝えると

上の子がおもむろに話してくれました

 

 

 

 

 

 

人間いつ死ぬかわからないじゃん

母だって交通事故に、あうかもしれない

大きな病気して話せなくなるかもしれない

もっと話しておけば良かった!って後悔したくないから、出来るだけ話そうとしてる

自分の気持ちを話しておこうって思ってる

 

 

 

 

 

と。

祖父が胃癌で手術

曽祖母が老衰で入院しお見舞いにいく

その程度の?経験しかないんですが💦

直接、人の死に触れた事ないんですが💦

私が人生満足で死んで欲しい!

と、言ってるせいもあり?

そういうふうに考えるようになったそうです

人生取り返しのつかない後悔はしたくない!

 

 

 

 

 

 

それを聞いた時

とても嬉しく?感激して?

そういう成長の仕方してくれてる事に

ウルっときたのを覚えてます

 

 

 

 

 

 

なのに・・・

そう思ってた子が

本音を言えずに悶々としてた

させてた・・・

 

 

 

 

 

 

今は自分の情けなさにウルって来てる日々

(ウルっとの意味合いが全然違う)

 

 

 

 

 

 

パパさんは

見放すにでなく

いまは見守るべき時

と、腹を括って?覚悟も出来てて

上の子に対して悶々としてません

心配もしてないみたい

これで、ダメなら

また話すだけ

別な方法考えるだけだから!

て。

 

 

 

 

 

 

その通りなんですけどね

 

 

 

 

 

多分、小さい子が転んでも自分で立ち上がるのを、ジッと見守る

それの思春期版なんでしょう

 

 

 

 

 

 

分かっていても

不安と心配と罪悪感に襲われます

 

 

 

 

 

 

そんなんだからパパさんは

上の子の心配より私の方が心配だそうです

やっぱり、私が元気ないと

自分の気持ちも落ちつかないそうで

 

 

 

 

 

 

 

小さい頃、転んでも自分で立ち上がるのを

見守れた自分が恋しい

ちゃんと心は成長してる

大丈夫

大丈夫なんだ

と、自分に言い聞かせてます